FC2ブログ

韓国では八方美人が褒め言葉

ここでは、「韓国では八方美人が褒め言葉」 に関する記事を紹介しています。
これまでに述べてきたように、国際社会という低信頼社会では国際法=モラルが働かないというのが我輩の意見だ。したがってぽーさんの意見に賛成できない。しかし、あくまでも国際法=モラルに則った解決を目指すぽーさんの主張に、すがすがしいものを感じる。国際法=モラルに対する意見は合わないが、話し合うに足る人物だ。これからもぜひ我輩の間違いをどんどん指摘していただきたい。

「きれいごと」で相手のホンネは読めないから引用する。

 イタリアの思想家マキャベリは、『君主論』の中で、次のように述べている。

信義を守って、奸策を弄ろうせず、公明正大に生きることは称賛に値しよう。だが、現実の世界を見ると、信義など露ほども意に介さずに、奸策を用いて相手の頭脳を混乱させる人のほうが、大きな成功を成し遂げている。結局は、ずる賢く立ち回っている人のほうが、信義に基づく人を圧倒できるのだ。

 まさに筆者がいわんとしていることを見事にまとめている。人を心服させたいと思うのなら、信義やら、正義やらを振りかざしていてはダメなのだ。

 日本人は、「うまく立ち回ること」を軽視し、むしろ侮蔑することさえあるのだが、仕事で成功しているビジネスパーソンは、だいたい同じようなテクニックを無意識的に使っているものである。

Kさん、我々日本人が漢人に見習うべきことが何なのかをここから読み取ろう。そして「八方美人」を褒め言葉として使う韓国人に見習うことも必要かもしれない。

話が変わるが、poreporeさんの

私は自衛隊員ではないので、確信は持てないものの、管理人さんの仰るように、おそらく士気は上がらないでしょう。
しかし、与えられた職務の遂行には影響を与えることはないだろうと予想しています。

という予想は、何に基づくのだろうか。我輩の経験から言うと、仕事でもスポーツでも、poreporeさんとはまったく逆の予想になる。

ある仕事を上司から任されたサラリーマンが、「あの人なんだか違法なことをやらされてるみたいだ」などという噂を立てられたら、仕事をやり遂げるどころか、気の弱い人なら会社を辞めてしまうこともありうる。あるサッカーチームが、サポーターから「お前らクソだ」などと非難され、ホームゲームで観客席がガラガラともなれば、勝てる試合にも勝てなくなろう。

ましてや自分の命という大切なものを、他人の命を守るために投げ出す覚悟を維持するのは、並大抵のことではない。

仮に我輩が前線で戦う自衛隊員だとして、なんだか安全な場所で我輩の行為が憲法違反だなどと騒いでる噂が聞こえてきたら、命を犠牲にする覚悟で頑張ってきた自分がバカバカしくなり、またそんなアホな国には愛想を尽かして白旗を掲げて寝返るかもしれない。

さて、

この後でドイツとの比較になります。私が評価した一部も、ここに書かれています。ドイツでの改憲の難しさ、一方の日本の最高法規すら改正の対象となる点等をはじめ、参考にするべき点があるからです。そして国民投票によって、ズルズルと九条に限らず改正してしまうだろう、という点に大きく同意しました。

と言うのに興味をもち、憲法改正についての規定を探してみた。日本国憲法から引用する。

   第九章 改正

第九十六条  この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
○2  憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

これを見ると、憲法改正などほぼ不可能だ。

そこで、ほぼ不可能な我が国の憲法改正より難しい「ドイツでの改憲の難しさ」というのがどれほど恐ろしいものか調べてみると、なんだか連邦議会議員の三分の二、連邦参議院の三分の二以上の賛成と書いてあるのが見つかった。ん?我が国より簡単ではないか。しかもドイツはすでに50回ほど憲法(より正確には基本法)を改正しているというのも見つかった。

仮にこれが事実だとすると、poreporeさんが紹介してくれた本には嘘が書いてあるということだろう。

別の話題になるが、poreporeさんが書いてくれた

「既に総合指数の底地はつき、これから上昇する」と分析し、それを発信している、FTやエコノミスト紙といったメディアの存在には注視する必要があります。事実上、ウォール街やシティの予測ですが、実態は予測というよりも、彼らの意志であるので、事実そうなる可能性の方が大きいと思います。

には大きく頷いた。経済はしばしば自然現象ではなく、人為現象だということだ。

また

産経のように中国に対し悲観論を散布したり、日本経済新聞のように中国の勃興を絶賛し、日本の凋落を嘆く行為には、どこか胡散臭さが散見されます。過小評価ないし、過大評価している側面もチラチラ見え隠れしているからです。

マスメディアの報道や扇動にはよく注意しなければなりません。管理人さんが出してくれたデータは、極めて客観的であり、これは中国人(海外の華僑も含めて)にチベット問題を突きつけているのと同様に、日本に対しても中国問題を突きつけているように思えるからです。私が見たところ、この手のデータを見せ付けられて、チベット問題での中国人の反応と類似しているのが怖いところです。

というのが何を意味するのか、よく考えてみよう。そして幻想に踊らされているのは漢人だけではなく、我々も同じことだと愕然としよう。

たまきさん

初めまして。 初めましてで、こんなリクエストを言うのもなんですが…。 そろそろ、おバカな掲示板とか、ほほえましいお話も聞きたいなぁ…と思っています。

いや、こちらこそ申し訳ない。時間があれば午後か夜にでも何かを紹介したいとは思っているのだが、思っているだけで終わっているのが現状だ。
スポンサーサイト







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキングをクリックして応援してほしい。多謝。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chinabbs.blog40.fc2.com/tb.php/1208-2cf69d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック